食事における水の重要性

ダイエットアドバイス
L'importanza dell'Acqua nella Dieta
水は、空気とともに、人間の生存にとって極めて重要です。実際、人体は 3 分の 2 の水でできています。 人は長い間食べなくても生きていけるが、飲まなければ二、三日は生きられない。 それは常に人間とすべての生き物にとって不可欠で貴重な資源でした。原始文化では、生殖能力の女性原理と考えられていました。 水は体のすべての細胞に存在し、肥満の人は痩せた人よりも体の割合が低くなります. 飲酒は水分補給と同じくらい重要であり、のどが渇いたときだけ飲むのではなく、脱水症状を避けるためにもっと早く飲むのがよいでしょう。 水は 消化機能 に不可欠です。また、食物の同化には、体温を制御し、発汗によって熱を分散させ、緩衝液として機能し、脳と脊髄を保護します。 それは潤滑剤として働き、私たちの唾液の基礎であり、最良の解毒剤であり、代謝の調節を助け、病気の予防に重要な役割を果たします. 汗や尿を通して体内の老廃物を排出するのに役立つので、飲むことは重要です。耳、鼻、目の壁を適切に湿らせ、身体活動を行う人の筋肉の発達を促進します。 滑液は、透明で低粘度で糸状の液体であり、その潤滑特性により、関節を摩耗や損傷から保護します。 水が生地に形と剛性を与えるので、美的効果があることを忘れないでください. 朝に コップ一杯の温水を飲む 腸の蠕動、または避難、便秘を打ち消すことを好む。体は休息中に水分を受け取らなかったので、少なくとも300/550mlを摂取することをお勧めします。 食事中に冷たい水を飲むと消化器系の問題を引き起こす可能性がありますが、食事の合間には胃のけいれんや痛みの出現を助長します。したがって、夏でも室温で水を飲むことをお勧めします。 甘いソフトドリンク 血糖値を急激に上昇させ、空腹感を低下させるため、制限または排除する必要がありますが、一時的なものです。 1日に消費される水の量は1200mlから2000mlで、これはグラス6杯から10杯分に相当しますが、場合によってはこれらの値を増やす必要があります。 嘔吐や下痢が発生したときに水漏れが発生した場合;身体活動に加えて、発熱状態や特に暑い気候などで発汗が増加する場合. 妊娠中は 1 日 2,100 ml の水が必要ですが、授乳期には 3,100 ml に増えます。 飲酒は減量に役立つと考えられていますが、そうではありません。身体活動を行わずに、または特定の気候条件で 1 日 4/5 リットルの水を飲むと、消化が遅くなり、血圧が上昇します。 尿は、私たちが十分な量の水を飲んでいるか、量が不足しているかを知ることができます. 無色またはわずかに着色されていて (イエローゴールド)、臭いがなければ、摂取した水は十分です. 私たちが飲む水が十分でない場合、尿は黄色または濃い黄色になり、不快な臭いを放ちます. 他の物質に加えて、血液は水で構成されているため、飲む量が少ないほど、血液の液体が濃くなり、体に液体を送るために一生懸命働かなければならない心臓にとって好ましくありません. 水で痩せる? 1日に少なくとも2リットルの水を飲むと体重が減るという話をよく耳にします。減量を期待して水を過剰に飲むと、健康に害を及ぼすことさえあります。 フルーツ ジュース、甘い飲み物、またはアルコールの代わりに水を飲むと、減量に効果的です。食事の前に 1 ~ 2 杯飲むと、満腹感が刺激され、摂取する食物の量が減ります。 水をほとんど飲まない人では、水の必要性と食物の必要性が混同されることがあります。 水分を正しく摂取することは、体から毒素を排除するのに役立ち、水分摂取量が不足するためにこれらが過剰になると、不健康になるだけでなく、太る効果もある.

最も購入された製品

€59,08
€39,43
€28,12
€46,43
€145,43

ご希望の商品

ウィッシュリストにアイテムがありません。